2020年10月24日

オオスズメバチ、ついにアメリカ進出か?ワシントン州で巣が見つかる

20102401_suzume_s.jpg
ハチ。

米ワシントン州でオオスズメバチの営巣が確認されたそうです。
オオスズメバチは言わずとしれた大型で強力な毒蜂。
日本を含むアジアに生息しており、米国を含む他の地域では外来種として警戒されています。
ワシントン州では昨年、はじめてオオスズメバチの生息を確認。
追跡調査をすすめたところ、今月22日に私有地にある木の空洞で巣が見つかったそうです。
巣が作られた木はまるごと撤去。
米農務省では今後も調査と駆除を続けていくとのこと。
一体どういうルートで渡米したのか気になりますね。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35161435.html
posted by 架空の姉 at 23:59| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
日本のヒアリと交換しないか?
Posted by 戸粂医 at 2020年10月25日 00:49
解せぬ)谷(
そしてヒアリはアメリカでも外来扱いですね
Posted by 架空の木 at 2020年10月25日 13:22
ヒアリもオオスズメバチも、元を正せば人間のせいでこうなっているので、一概に敵視もできないですね。
とにかく生態系への影響が出ないことを願いたいです。
Posted by 架空の姉(管理人) at 2020年10月25日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: