2020年11月07日

1つ110万円。ジャンボ梨の競りで新記録

20110703_fune_s.jpg
船。

愛知県で行われた梨の競りで、1つ110万円という超高額記録が生まれたそうです。
競りが行われたのは6日朝。
梨は地元特産の愛宕という品種。
前日に行われたコンテストで優勝したもので、重さ約3kgで、胴回り約60cm。
ギネス記録をも超える超特大サイズだったそうです。
毎年優勝した梨は競りにかけられるそうですが、今年は昨年の36万円を大きく上回る110万円で落札。
なお、梨を落札したのは3年連続で同一人物。
一応販売はされるそうですが、毎年売れず、身内で食べたり、調理されて振る舞われているとのこと。
ジャンボ梨の種を植えたらそこから更なるジャンボ梨が生まれたりはしないものでしょうか。
posted by 架空の姉 at 23:59| Comment(0) | 日記