2020年10月17日

息でコロナウイルス検査、東北大らが開発

20101702_ken_s.jpg
剣。

息を元に新型コロナウイルスの感染を検査できるシステムが開発されたそうです。
これを開発したのは東北大学と島津製作所。
現在ウイルスの検査で主流なのは鼻や喉から粘液を採取する方法。
ただ、これらは検体の採取が難しいのが欠点で、最近は唾液を元にした検査なども登場しています。
今回開発されたのは吐いた息を結露させ、専用の装置で処理してウイルスを調べるというもの。
検体の採取が容易になることに加え、検査結果も1時間ほどでわかるそうです。
研究チームでは今後1年後の実用化を目指し勧めていくとのこと。
今回のコロナウイルスはもちろんですが、将来のためにも、ぜひ実用化を期待したいですね。
続きを読む
posted by 架空の姉 at 23:59| Comment(0) | 日記