2020年10月13日

琵琶湖、酸欠状態広がる

20101104_miyako_s.jpg
ミヤコさん。

琵琶湖北部で酸欠状態が広がっているそうです。
これは県の調査でわかったもの。
県では先月30日と今月6日に北湖の推進90m地点の酸素濃度調査を実施。
その結果、酸素濃度測定値下限の0.5mg/lが観測されたしまったそうです。
これは水中に酸素がほとんどない状態で、過去にも観測されたこと無い異常事態。
水中生物の生存基準は2mg/lとされており、観測地点付近では生物の死骸も確認されているそうです。
県では今後酸欠の範囲が広がる可能性も視野に入れつつ、調査研究を勧めていくとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。
続きを読む
posted by 架空の姉 at 00:00| Comment(0) | 日記