2020年10月07日

日本郵便、自動配送ロボットの公道走行テスト実施

20100701_uchiwa_s.jpg
うちわ。

日本郵便が郵便物や宅配便を配送するロボットの公道走行実験を行ったそうです。
このロボットは箱型で車椅子程度の大きさ。
最大30kgの貨物を時速6kmで運搬可能だそうです。
走行時はカメラやセンサーを使い、障害物を避けたり、信号機のある交差点で停止する機能を搭載。
走行実験では郵便局と近隣の病院との間約700mを20分で走行し、無事に荷物を届けたそうです。
なお、公道を走る上では原動機付き車両扱いになるようで、ナンバープレートをつける必要があるのだとか。
日本郵便では早ければ2021年の実用化を目指し開発をすすめるとのこと。
将来ポストから郵便物を自動回収するロボットができたりするのでしょうか。
posted by 架空の姉 at 23:59| Comment(0) | 日記